記事詳細

日本グリーフ専門士協会&終活カウンセラー協会 in 宝塚 

2019年10月5日(土)

兵庫県宝塚市 平林寺会館に於いて

13:00~

一般社団法人日本グリーフ専門士協会代表 

井手敏郎先生の講演会が開催されました。

講演会に先立ち、グリーフ専門士の桑田玲子さんが発表されました。

1年10か月前に子供を癌でなくされました。

今は癌で髪を失った患者用に

「おかんのケア帽子」を作る活動をされています。

グリーフ講演会1

その後、代表の井手敏郎先生の講演が始まりました。

皆さん」興味を持って熱心にきいてくださいました。

グリーフ講演会2

会場では、ワークショップも実施していました。

ワークショップ

ワークショップ2

和歌山から参加してくれたグループからは

缶バッジの販売。

ワークショップ3

講演会の後は、

終活カウンセラー協会の勉強会が13:00~成福院にて開催されました。

「終活とグリーフ」と題して私が講演しました。

協会の事務局の森本翔太さんより挨拶と協会からの連絡事項。

その後、住職 今井弘道よりご挨拶がありました。

終末期医療から学んだお話や、

檀家さんの実例を交えてお話しました。

質疑応答では、認知症の話。

ご自分の話をしてくださる方、

グリーフの講演会の感想。

見識が変わったといわれました、

グリーフケアとは、家族を亡くした人が

哀しみを語り合うことだと思っていましたという人が多かったのです。

もちろん身近な人を亡くした方のグリーフはとても重いです。

でも、誰でも喪失した経験はあると思います。

その時の反応も同じなんですよとお話しました。

どういう反応が現れるのかわかっていると

とても楽です。

そのためにグリーフケアを学んでいると言えます。

人の話だけではなく自分のグリーフにも向き合える

グリーフケアの学びに興味のある方は

一般社団法人グリーフ専門士協会 を

調べてみてください。家でwebで学べます。

勉強会には12人参加してくださいました。

今回の勉強会は来られた方全員と

お話しできました。

とても得るものの多い勉強会でした。

まだ反省も多く未完成だと感じました。

もっと作り上げてセミナーをしたいとおもいました。

 

一般社団法人 終活カウンセラー協会の

初級検定のお問い合わせは

終活カウンセラー協会

TEL:06-6777-1646

FAX:06-6777-2106

ホームページ:http://www.shukatsu-csl.jp