成福院の歴史・由緒

武庫山 成福院の歴史・由緒

平林寺の塔頭寺院として開基いたしました。

平林寺は伝承によると、聖徳太子が摂津国七大寺の一つとして創建され、平安時代に弘法大師の縁につらなる如一尼によって中興されたと伝えられています。鎌倉時代のものと推定される石造露盤があることから、鎌倉時代には建立されていたことがうかがわれます。本尊釈迦如来座像は室町時代の作とされています。

戦国時代になって荒木村重と織田信長との戦いの際に焼失しましたが、17世紀中頃に再興されて現在に至っています。

平林寺は真言宗の単立寺院ですが、成福院は京都大覚寺の末寺です。

武庫山 成福院の歴史・由緒

宗旨・宗派のご紹介

当山は、平安時代に唐の恵果和尚より授けられた密教を組織化、体系化された弘法大師(空海)の教えを伝える真言宗寺院です。

真言宗には「無駄なものは何一つとしてない」という教えがあります。

その教えをよく表しているのが曼荼羅です。

宗旨・宗派のご紹介

住職ご挨拶

武庫山 成福院のホームページをご覧いただき、有難う御座います。

情報化社会に対応するためにホームページを開設いたしました。

今後も様々な情報を発信していき、皆様と成福院のコミュニケーションに役立てばと考えております。どうぞ、ゆっくりとご覧になってください。

武庫山成福院 住職 今井弘道